Home > 個人輸入・海外通販に関する情報 > クレジットカードの為替手数料(海外利用に係る事務手数料)

クレジットカードの為替手数料(海外利用に係る事務手数料)

このエントリーをはてなブックマークに追加 

個人輸入・海外通販でクレジットカード決済を利用する場合、ほとんどの場合で現地通貨(ドルやユーロ、ポンド等)で決済することになります。

後日、カード会社からの請求時には円建て(円換算されて)での請求となりますが、その際、クレジットカードの為替手数料(海外利用に係る事務手数料)がプラスされます。

<為替手数料(事務手数料)>

事務手数料は、カード会社や国際ブランド(VISA・マスターカード・JCB)によって異なりますが、ほとんどのカード会社・国際ブランドでは1.6%~1.63%となっています。

正確な事務手数料については、各カード会社のホームページや規約に記載されていますので、ご確認ください。


<為替レートが適用されるタイミング>

為替レート適用のタイミングは、ショップ・サイトに注文した時点ではありません

 <VISA・マスターカード>

  • ショップからの請求がカード会社の決済センターに到着した時点

 <JCB>

  • カード会社がショップに代金の支払い処理を行った日

<ショップがカード会社に請求するタイミング>

ショップがカード会社に対して請求するタイミングは、多くのショップでは商品の発送時です。

ショップによっては注文後すぐに請求したり、在庫確認後に請求する所もあります。

また、バックオーダーなどで発送が複数に分かれるような場合には、請求も発送する商品分のみ行われます。(請求も複数に分かれます)


以上のように、カード会社が請求時に基準とする為替レートを、商品注文時にハッキリと把握することは不可能です。

クレジットカードを使って個人輸入・海外通販をする場合、カード会社所定の為替手数料(事務手数料)が別途かかるということと、注文時よりもちょっと先の為替レートを基準に請求されるということを理解しておいてください。



ページトップに戻る

ホームへ