Home > 個人輸入・海外通販の方法いろいろ > 輸入代行(買物代行)を使う

輸入代行(買物代行)を使う

このエントリーをはてなブックマークに追加 

輸入代行(買物代行)とは、利用者(私たち)に代わって輸入代行業者がショップへの注文・受取・検品・日本への発送までしてくれるサービスです。

利用者は代行手数料を払う替わりに、輸入代行業者と日本語でやり取りするだけで良いので、初めて個人輸入・海外通販をされる方や、語学に不安が有る方等にはオススメの方法です。


<簡単な流れ>

  1. 代行業者に発注を依頼
  2. 代行業者宛てに商品代金・現地送料を入金
  3. 代行業者がショップへ注文
  4. 代行業者が商品受取・検品
  5. 代行業者から「代行手数料」と「日本への送料」の連絡
  6. 代行業者宛に連絡された金額を入金
  7. 代行業者から日本へ発送
  8. 自宅に商品到着

<輸入代行のメリット>

  • 全て日本語で取引が出来る。
  • 複数のショップ・サイトへの注文を、輸入代行業者がまとめて日本へ発送してくれるので、その場合にはトータルコストが安くなる。
  • 検品サービス(有料の業者も有り)を利用すれば、不良品が届いた場合等、トラブル発生時には輸入代行業者がショップと交渉してくれる。
  • 日本に発送していないショップ・サイトの商品を買うことが出来る。

<輸入代行のデメリット>

  • 1つのショップだけで注文するような場合、トータルコストが高くなる。
  • 支払の為替レートが輸入代行業者の設定した物になり、自分で注文する場合よりも1ドル当たり3~4円程度割高になる。(ユーロやポンドでも同様)

輸入代行業者について詳しくは下記をご覧下さい。

輸入代行・転送サービス業者の選び方



ページトップに戻る

ホームへ