Home > その他 > Western Digitalの故障したハードディスクをRMA保証で交換

Western Digitalの故障したハードディスクをRMA保証で交換

このエントリーをはてなブックマークに追加 

先日、Western Digital(WD)社製のハードディスク(WD6400AAKS)が故障したので、メーカーの交換保証(RMA)を使って交換手続きを行いました。
個人輸入・海外通販での、初期不良や品違いで返品するときの参考にもなると思いますので、手順や方法を載せておきます。


<準備と梱包>

まず、Western Digitalのエンドユーザー向け保証確認のページにアクセスし、故障したHDDのシリアル番号を入力してRMA保証の有無を確認します。

エンドユーザー向け保証確認

確認の結果、保証期間内であれば画面の指示に従い住所・氏名・メールアドレス等を記入し、RMAを作成します。
海外(シンガポール)に発送するので、住所・氏名は英語(ローマ字)で記入します。

英語(ローマ字)での住所の記入(書き方)については、別にまとめてありますので、記入に不慣れな方は参考にして下さい。

RMA作成が完了すると、RMA手順指示書が表示されますので印刷します。

RMA明細書

次に、『Print RMA Label』をクリックしてRAMラベルを印刷します。
後で、小さい方のバーコードを箱の側面に貼り付けますので、3枚ほど印刷します。

RMA送り状

印刷が終わったら、印刷した手順指示書やサポートの梱包および発送の手順に従って返送するHDDを梱包します。

<簡単な説明>

  1. HDDをESD(帯電防止)バッグに入れ、さらにエアパッキンで包む。
  2. 箱の中で動かないようにスポンジや丸めた紙などを詰めながら梱包。
  3. 箱の封をする前に、印刷したRMA手順指示書に署名と日付を記入(2ヶ所あり)して同封する。
  4. 梱包が終わったら、印刷したRAMラベルの小さい方のバーコードを側面に張り、さらにサインペンでRMAナンバーを書く。

<発送>

ここまで準備が出来たら後は発送ですが、Western DigitalではEMS(国際スピード郵便)などの追跡可能な発送方法を推奨しています。

ただ、EMSだとシンガポールまで1,800円前後と送料が結構かかりますので、当方は自己責任で追跡不可のエコノミー航空(SAL)便小形包装物で発送しました。
(不着のリスクを負うだけで、追跡不可の発送方法でも保証を受けられます)

ここからはエコノミー航空(SAL)便で発送する場合の説明です。
エコノミー航空(SAL)便で発送する場合、税関告知書(CN22)の記入が必要です。
税関告知書(CN22)は郵便局の窓口で貰えます。

税関告知書(CN22)

<簡単な説明>

  1. 内容品の所には、手順指示書の指示通りにHDDの品番と『In Warranty Replacement』を記入。
  2. 価格(Value)の欄には、印刷した手順指示書に記載されている金額を記入。
  3. HSコードは『8471.70.4065』、原産国名は手順指示書に記載されている原産地を記入(HDDのシリアル番号の先頭2桁でも判別可能)。

印刷した手順指示書を既に箱に同封してしまって確認出来ない場合、RMA作成時にWestern Digitalから届く確認メールに手順指示書へのリンクがあるので、そこから確認してください。

エコノミー航空(SAL)便で発送の場合、印刷したRAMラベルの大きい方を貼れば宛名代わりになります。
※EMS(国際スピード郵便)で発送する場合は、EMSラベル(宅配便の送り状と同じようなモノ)に記入します。

送り先はWestern Digital社ではなく、シンガポールのFlextronics社になります。
受託生産の企業で、Western Digital社から保証交換業務の委託を受けているようです。

後は荷物と税関告知書(CN22)を郵便局の窓口に持って行って発送完了です。
私の場合、送料は930グラムで880円でした。
送料は100グラム単位で変動します。

<参考>シンガポールまで930グラムの荷物を送る場合の送料
  EMS(国際スピード郵便)         :1,800円
  航空便 小形包装物           :1,380円
  エコノミー航空(SAL)便 小形包装物 :880円


<交換品到着>

発送から交換品の到着までは、2週間ちょっとかかりました。
RMA作成時に記入したメールアドレス宛てに、故障品到着や交換品発送などの通知が来るので、追跡不可の発送方法でも状況を把握できます。

Flextronics社に到着するまでに2週間近くかかっているので、EMSで発送すれば1週間以内に交換が完了しそうです。

なお、作成したRMAの有効期間は1ヶ月なので、延着の可能性も考慮すると、エコノミー航空(SAL)便で発送する場合にはRMA作成後、速やかに発送手続きを行った方が良さそうです。

  RMA作成        :10月28日
  発送日          :10月29日
  Flextronics社に到着 :11月10日
  交換品の返送     :11月11日
  自宅に到着       :11月13日

Flextronics社からの返送は、FedExでした。
保証交換なので関税・消費税はかかりません。

交換されたHDD

交換されたHDDを開封

到着した交換品のHDDは、他の方同様、再生品でした。
保証確認ページで交換品のシリアル番号を入れて確認してみましたが、故障したHDDの保証期間が交換品にも引き継がれていました。



ページトップに戻る

ホームへ