Home > 海外ショップ・サイト情報 > サプリメント・化粧品の個人輸入時の注意事項

サプリメント・化粧品の個人輸入時の注意事項

このエントリーをはてなブックマークに追加 

iHerb(アイハーブ)など海外からサプリメント・化粧品を個人輸入する際の注意事項です。

外国製のサプリメントで、医薬品成分が含まれていたり、医薬品的な効能・効果が標ぼうされていたりするものは、日本では医薬品に該当する場合があります。

そのようなサプリメントについては、医薬品として扱われますので薬事法の制限を受けます。

本来、医薬品・医薬部外品・化粧品を輸入する場合、薬事法の規定により厚生労働大臣の承認・許可等が必要ですが、『個人が自分で使用するために』輸入する場合、規程の範囲内であれば許可を受けずに輸入することができます。

規程の範囲内の量ですが、サプリメントは2ヵ月分以内、化粧品は1品目24個以内となっています。

また、規程の範囲内の個人輸入であっても、『個人が自分で使用するために』限って許可を受けずに輸入することが認められているのですから、他人に売ったり譲ったり、他人の分をまとめて輸入することは認められません。

<まとめ>

  • (医薬品に該当する)サプリメントは2ヵ月分以内
  • 化粧品は1品目24個以内
  • 他人に売ったり譲ったり、他人の分をまとめて輸入することは不可

なお、医薬品・医薬部外品に該当しないサプリメントであれば、2ヵ月分を超えて個人輸入することが可能です。

しかし、該当する・しないの判断は簡単ではありませんので、輸入前に地方厚生局や税関に確認するか、2ヵ月分以内に抑えて注文するのが無難です。

さらに詳しい情報については、厚生労働省及び税関のサイトをご覧下さい。

厚生労働省 – 医薬品等の個人輸入について

税関 – 医薬品・化粧品等の個人輸入について


個人輸入時の関税・消費税については、簡易税率が適用されますので、課税価格が1万円以下の場合には原則免除されます。
別にまとめてありますので、詳しくはそちらをご覧ください。

関税の簡易税率について



ページトップに戻る

ホームへ